2011年12月27日火曜日

2011年を振り返ります

早いものでもう暮れ。

というわけで、要は今年の反省会。

今年手がけることのできた模型達…。


ぜひやってみたいと思っていたかつての和泉多摩川駅モジュール。端から端までそっくり、なんてのは土台無理として、過去を知っている方に説明すれば「ああ、なんとなく」なんていうものを目指しました←言い訳
これから先、長いことこの趣味を楽しんでいく上で継続して作るであろうレイアウト、今年も1枚増えました。

模型鉄復帰のきっかけとなったSSE。今年の正月に購入。特に何もいじっていませんが「これがあれば特急車は大満足!」の一品。

GMキットから作った旧4000形非冷房。できるだけの時間とパーツも使い意気込んだ品ですが…まだまだでした。塗装も荒いし、雑。元来のせっかち、大雑把がよく見えてしまいました。



キハ5000。鉄道コレクションという完成品ですが安価なことをいいことにパーツの増設、ウェザリングなどなど割と好き勝手やらせてもらいました。完成品に手を加えるだけなので仕事から帰ったわずかな時間でも楽しめたことが印象的です。何気に今年一番のお気に入りです。


コレは何かというと…ただの練習素材。別に完成はしていませんが…。今年秋口にエアブラシを購入しまして…その練習。この練習素材では細部への墨入れ、窓の直角化の練習もあわせて。まだまだですが以前(旧4000)より多少は進歩…してないかなあ…。


来年はこの辺を…。あとは大型高性能・冷房車4連を…。



さて、今年のもうひとつの遊び、撮影。

この趣味も実に15年ぶりの復帰。気が付けばかつては身の回りにいた物が姿を消し形を変えていきました。そんな中で再び撮影をしてみようと考えました。

思えば今年はここから始まりました。運良く当選した5000形10両さよなら運転、当たり前のように見られた光景がひとつずつ削ぎ落とされる様を、嫁の許可も取り付けつつ、片田舎より遠征して、時間を取り戻すように記録していきました。

また割と身の回りにも変化が生じていて、それに気づいたのが1ヶ月前という…本当に出かけなくなったなあ、と。

撮影はもうしばらく続けます。少なくとも来年3月までは。そのあとはさらにお気楽に…。

0 件のコメント:

コメントを投稿